アイキャッチ画像 アイキャッチ画像

車をシェアする。
そこから、何かが生まれる。

第1回in石巻

INFOMATION

 

OVERVIEW

2016.10.08 SAT.

10:30 START (10:00 OPEN)

石巻市役所6F 議会委員会室
(JR石巻駅 出口正面すぐ)

外観写真

このシンポジウムについて

都市部などでレンタカー事業者等が展開する一般的なカーシェアリングではなく、地域コミュニティが主体的に運営し、シェアするカーシェアリングを「コミュニティ・カーシェアリング」と私たちは名付けました。ブレゲンツ(オーストリア)と石巻(宮城県)で始まった2つのコミュニティ・カーシェアリングの現場で生まれている効果や実情を共有し、この分野の可能性や課題について大いに語り合うシンポジウムを開催します。ぜひ、ご参加ください。

パンフレットダウンロード

コミュニティ・カーシェアリングの事例

ブレゲンツの事例
(CARUSO Carsharing eGen)

CARUSO は移動手段の充実と、持続可能なライフスタイルを結びつけることを企図した民間の取り組みとして2010年頃に始まった。オーストリア政府からの研究開発のための助成金によって、「コミュニティ・カーシェアリング」のサービスを開発することが可能となり、オンライン予約システムや様々な車載システム、そして法的な面や組織づくりに関する様々な問題が解決された。その成功、特に地方部での電気自動車によるカーシェアリングのそれは、CARUSO Carsharing協同組合の設立へと繋がった。

Webサイト

集合写真

Webサイト

石巻の事例(一般社団法人日本カーシェアリング協会)

東日本大震災後、圧倒的に車が不足している中、全国から車の寄付を集め、仮設住宅等で被災された方々を対象にしたカーシェアリングサポートを宮城県石巻市で開始。住民同士でルールを決めて主体的に車が活用されるためのサポートを続け、車の不足を補うシェアはもとより、外出支援、旅行、防災訓練といった活動に発展し、コミュニティが活性化する事例などが生まれる。2012年2月から『カーシェアリング・コミュニティ・サポートセンター』の運営を石巻市から受託し運営を行う。

Webサイト

集合写真2

Webサイト

シンポジウム
参加お申し込み
締め切り:10月6日(木)

WEB
お申し込み

Peatixピーティックスへ移動します

FAX
お申し込み

申し込み用紙PDFがダウンロードされます

PROGRAM
※プログラムは変更する可能性がございます

ブース展示紹介

関連組織のブース展示を特設スペースにて実施いたします。

  • 文部科学省東北復興次世代エネルギー研究開発プロジェクト
    (東京大学ITSセンター、東北大学NICHe合同ブース)
  • 石巻専修大学
  • 電気自動車普及協会 (APEV)
  • 日本カーシェアリング協会

展示予定のドライビングシミュレーターを用いた実験
展示予定のドライビングシミュレーターを用いた実験

シンポジウム
参加お申し込み
締め切り:10月6日(木)

WEB
お申し込み

Peatixピーティックスへ移動します

FAX
お申し込み

申し込み用紙PDFがダウンロードされます

SPEAKERS
※敬称略

家田仁さんの写真

家田 仁

政策研究大学院大学
教授

1955年東京都出身。東京大学工学部土木工学科卒業、日本国有鉄道入社。1984年より東京大学工学部助手、助教授を経て、1995年 東京大学大学院 工学系研究科教授となる。2014年からは現職となる政策科学大学院大学教授と兼任。また、1980年代からは西ドイツ航空宇宙研究所交通研究部などへ客員研究員として派遣。社会活動としては国土交通省 交通政策審議会の委員等を勤める。研究分野は交通・都市・国土に関わる諸計画と諸政策。

柴山 多佳児さんの写真

柴山 多佳児

ウィーン工科大学交通学研究所
研究員

1983年石巻市出身。東京大学工学部・工学系研究科社会基盤学専攻を修了。ウィーン工科大学に留学後、2011年より同大学交通学研究所研究員。2012~2013年には欧州連合の研究プロジェクトとしてCARUSOの利用者を対象とした研究調査に従事。

鈴木 高宏さんの写真

鈴木 高宏

東北大学未来科学技術共同研究センター
副センター長・教授

1998年東京大学工学系研究科博士課程修了、工学(博士)。同大生産技術研究所講師、助教授、同大情報学環の後、2010年から長崎県庁に出向し長崎EV・ITSプロジェクトを推進。2013年東大に戻り、2014年から現職。この他、電気自動車普及協会(APEV)理事。学際的にロボット・次世代交通など先進技術の社会実装に取組み、仙台市の特区認定に貢献、自動走行等の近未来技術の実証を推進している。

樫部 昌弘さんの写真

樫部 昌弘

株式会社NTTデータ東北
代表取締役社長

1965年東京都出身。東北大学経済学部経済学科卒業。日本電信電話株式会社(現 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ)入社。2006年米国 MIT Sloan Fellows Program(MBA)修了。2014年NTT DATA EMEA 出向(Based in London)。2016年6月株式会社NTTデータ東北 代表取締役社長着任。NTT DATA EMEA時には、EV(電気自動車)の普及を目指しているオーストリアで、充電管理システム「OCC」のプラットフォームを提供。

吉澤 武彦さんの写真

吉澤 武彦

一般社団法人日本カーシェアリング協会
代表理事

1978年兵庫県姫路市生まれ。立命館大学政策科学部を卒業後、6年間広告代理店に勤務。退社後、本格的に社会活動に従事し始め、平和や環境に関する様々なプロジェクトに取り組む。震災後、一般社団法人日本カーシェアリング協会を設立し石巻で取り組みを続ける。

Christian Steger-Vonmetzさんの写真

Christian Steger-Vonmetz

CARUSO carsharing eGen
創業者

1970年オーストリアのラウテラッハ生まれ。グラーツとウィーンの工科大学で交通工学と都市計画を学んだあと、エンジニアコンサルタントとしてキャリアをスタート。1997年-2003年オーストリア西部の州フォアアールベルクの公共交通局の業務執行取締役。2004年から持続可能な交通の分野でコンサルタントとプロジェクトマネージャーを務める。CARUSO Carsharing eGenの立案者であり共同創業者。

シンポジウム
参加お申し込み
締め切り:10月6日(木)

WEB
お申し込み

Peatixピーティックスへ移動します

FAX
お申し込み

申し込み用紙PDFがダウンロードされます

シンポジウム協力体制

主催

『コミュニティ・カーシェアリング』シンポジウム実行委員会

共催

石巻専修大学 、東京大学 次世代モビリティ研究センター(ITS センター)、東北大学 未来科学技術共同研究センター(NICHe)

特別協力

CARUSO CARSHARING eGen 、一般社団法人 日本カーシェアリング協会

協賛

株式会社CDS経営戦略研究所 、株式会社ジェイティップス

協力

特定非営利活動法人 ITS Japan、ウィーンエ科大学、石巻エコ EV カーシェアリング検討委員会、株式会社NTT データ東北、一般社団法人電気自動車普及協会 (APEV)、公益財団法人 国際交通安全学会(IATSS)

このシンポジウムは「地域自立支援事業」として実施しております。

新しい東北
『コミュニティ・カーシェアリング』シンポジウム実行委員会 事務局

〒986-0821 宮城県石巻市住吉町1-1-2 一般社団法人日本カーシェアリング協会内
TEL: 0225-92-7821 FAX: 0225-92-7820
Mail : sympo@japan-csa.org

VENUE

石巻市役所6F 議会委員会室

JR石巻駅 出口正面すぐ
〒986-8501 宮城県石巻市穀町14-1
14-1 Kokucho, Ishinomaki, Miyagi Prefecture 986-8501 Japan

Google Mapで見る